fanta_orange_grapeの(日記というより)記事のつもり

いままでの人生で一番美味しかったもの = 紅茶とトースト(高校生)。

語源。「discipline」の語源。

discipline」の語源

  1. 1200, "penitential chastisement; punishment for the sake of correction," from Old French descepline "discipline, physical punishment; teaching; suffering; martyrdom" (11c., Modern French discipline) and directly from Latin disciplina "instruction given, teaching, learning, knowledge," also "object of instruction, knowledge, science, military discipline," from discipulus "pupil, student, follower" (see disciple (n.)).

The Latin word is glossed in Old English by þeodscipe. The meaning "treatment that corrects or punishes" is from the notion of "order necessary for instruction."

Meaning "branch of instruction or education" is first recorded late 14c. Meaning "system of rules and regulations" is from mid-14c. Meaning "military training" is from late 15c., via the notion of "training to follow orders and act in accordance with rules;" that of "orderly conduct as a result of training" is from c. 1500. Sense of "system by which the practice of a church is regulated, laws which bind the subjects of a church in their conduct" is from 1570s.

ChatGPT翻訳:

紀元前1200年頃、「懺悔的な懲罰;矯正のための罰」という意味で、古フランス語のdescepline「規律、身体的な罰;教え;苦しみ;殉教」(11世紀、現代フランス語discipline)から直接派生した言葉であり、ラテン語のdisciplina「授業、教え、学習、知識」および「教えの対象、知識、科学、軍事規律」から来ており、discipulus「弟子、学生、信者」(disciple(n.)を参照)に由来しています。

古英語では、このラテン語の言葉はþeodscipeによって説明されました。"訂正または罰する処置"という意味は、「指導に必要な秩序」の概念から来ています。

「教育または教育の分野」という意味は、最初に14世紀後半に記録されました。"規則と規制の体系"という意味は、14世紀半ばからです。"軍事訓練"という意味は15世紀後半からで、"命令に従って行動し、規則に従うための訓練"という概念を経ています。"訓練の結果としての秩序だった行動"という意味は紀元前1500年頃からです。"教会の実践が規制される体系、教会の臣民を彼らの行動に拘束する法律"という意味は1570年代からです。

Oxfordの語源

https://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/english/discipline_1?q=discipline

>Middle English (in the sense ‘mortification by punishing oneself’): via Old French from Latin disciplina ‘instruction, knowledge’, from discipulus ‘learner’, from discere ‘learn’.

ChatGPT訳:

中英語(「自己を罰することによる苦行」という意味で):古フランス語を経由してラテン語のdisciplina「教え、知識」に由来し、discipulus「学習者」、discere「学ぶ」から。

Wictionaryで、desciplineの意味を確認。

名詞
discipline (複数 disciplines)

躾しつけ。
自制。
大学で学まなぶ学問の一分野。
 

語源。「affinity」の語源。

語源

www.etymonline.com

  1. 1300, "relation by marriage" (as opposed to consanguinity), from Old French afinite "relationship, kinship; neighborhood, vicinity" (12c., Modern French affinité), from Latin affinitatem (nominative affinitas) "relationship by marriage; neighborhood," noun of state from affinis "adjoining, adjacent," also "kin by marriage," literally "bordering on," from ad "to" (see ad-) + finis "a border, a boundary" (see finish (v.)).

The spelling was re-Latinized in early Modern English. It has been used figuratively in English since c. 1600 of structural relationships in chemistry, philology, geometry, etc. The meaning "natural liking or attraction, a relationship as close as family between persons not related by blood" is from 1610s.

ChatGPT訳:

紀元前1300年頃、「血縁関係」と対比される「結婚による関係」の意味で、古フランス語のafinite(12世紀、現代フランス語のaffinité)から派生した言葉で、ラテン語のaffinitatem(属格affinitas)「結婚による関係;近隣関係」、状態名詞の形容詞affinis「隣接する、近接した」、また「結婚による親戚関係」、文字通りには「...に接する」という意味があります。ad「~に向かって」(ad-を参照)+ finis「境界、境界」(finish(v.)を参照)。

この綴りは、初期の近世英語で再ラテン化されました。この言葉は、化学、言語学幾何学などの構造的関係について、英語で比喩的に使われてきました(紀元前1600年頃から)。また、「自然な好みや引き付けられる力、血縁関係のない人々の間の家族と同じくらいの関係」という意味も、1610年代から使われています。

あら、ChatGPTぼけてる。。。

紀元前1300年頃

Wictionaryで意味

https://ejje.weblio.jp/content/affinity

(共通の起源などからくる)密接な関係、類似性、姻戚関係、好み、相性、親近感、親和力

affinityの学習レベル レベル:9

語源。「overhaul」の語源。

語源

1620s, "to slacken (rope) by pulling in the opposite direction to that in which it is drawn," from over- + haul (v.); originally nautical. The extended sense "examine thoroughly with a view to repairs" (by 1705) is via the notion of "pull rigging apart for examination," which was done by slackening the rope by hauling in the opposite direction to that in which it is pulled in hoisting. From 1793 it replaced overhale (1530s) in sense of "overtake," probably by similarity of sound and loss of the literal sense of hale (v.). Related: Overhauled; overhauling.

ChatGPT訳:

1620年代、「(ロープを)引かれる方向とは逆の方向に引いて(ロープを)緩める」という意味で、元々は航海の用語である、over- + haul(動詞)からした言葉です。拡張された意味の「修理を目的として徹底的に調査する」(1705年までに)は、「リグを分解して調査する」という概念を経由しており、これはロープを緩めて引き上げるときに、引かれる方向とは逆の方向に引いてロープを緩めることで行われました。1793年からは、overhale(1530年代)の意味で「追い越す」に取って代わりましたが、おそらくhale(動詞)の文字通りの意味が失われ、音韻の類似性によるものです。関連語:Overhauled; overhauling.

Wictionaryで意味

https://ejje.weblio.jp/content/overhaul

(…を)分解検査する、オーバーホールする、徹底的に見直す、追いつく、追いついて追い抜く

overhaulの学習レベル レベル:10

語源。「manifest」の語源。

語源

late 14c., "clearly revealed to the eye or the understanding, open to view or comprehension," from Old French manifest "evident, palpable," (12c.), or directly from Latin manifestus "plainly apprehensible, clear, apparent, evident;" of offenses, "proved by direct evidence;" of offenders, "caught in the act," probably from manus "hand" (from PIE root *man- (2) "hand") + -festus, which apparently is identical to the second element of infest.

De Vaan writes, "If manifestus may be interpreted as 'caught by hand', the meanings seem to point to 'grabbing' or 'attacking' for -festus." But he finds none of the proposed ulterior connections compelling, and concludes that, regarding infestus and manifestus, "maybe the two must be separated." If not, the sense development might be from "caught by hand" to "in hand, palpable."

Manifest destiny, "that which clearly appears destined to come to pass; a future state, condition, or event which can be foreseen with certainty, or is regarded as inevitable" was much used in American politics from about the time of the Mexican War "by those who believed that the United States were destined in time to occupy the entire continent" [Century Dictionary].

Other nations have tried to check ... the fulfillment of our manifest destiny to overspread the Continent allotted by Providence for the free development of our yearly multiplying millions. [John O'Sullivan (1813-1895), "U.S. Magazine & Democratic Review," July 1845] The phrase apparently is O'Sullivan's coinage; the notion is as old as the republic.

ChatGPT訳:

14世紀後半、「目に明らかであるか、理解されやすい、見通しや理解に開かれている」という意味で、古フランス語のmanifest(12世紀)からの借用語であり、またはラテン語のmanifestus「明白に理解できる、明確な、明白な」(犯罪に関しては「直接の証拠によって証明された」、犯罪者に関しては「行為中に捕らえられた」)から直接来ていると考えられます。おそらく manus「手」(PIE語根*man-(2)「手」から)+ -festusから構成され、これはおそらくinfestの第2成分と同一であるようです。

De Vaanは「manifestusを'手で捕らえられた'と解釈することができるなら、その意味は'つかむ'または'攻撃'を指すように思われる」と述べています。しかし、彼は提案された他の関連性を説得力があるとは見なしておらず、infestusとmanifestusについては「おそらく両方を分ける必要があるかもしれない」と結論付けています。そうでなければ、意味の発展は「手で捕らえられた」から「手にある、明白な」へとなるかもしれません。

「明白な運命」とは、「確実に起こる運命に見えるもの;確実に予測できる、または必然的と見なされる将来の状態、条件、または出来事」という意味で、メキシコ戦争の頃からアメリカの政治でよく使われていました。「合衆国がいつかは全大陸を占拠する運命にある」と信じていた人々によって[世紀辞書]。

他の国々は...、私たちの神によって与えられた大陸を広範に広げる私たちの明白な運命の達成を阻止しようとしてきた。[ジョン・O・サリバン(1813-1895)、"U.S. Magazine & Democratic Review"、1845年7月] このフレーズは明らかにオサリバンの創作であるようです。その考え方は共和国の成立以来のものです。

Wictionaryで意味

https://ejje.weblio.jp/content/manifest#google_vignette

(目・心に)明白な、判然とした、はっきり表われた

manifestの学習レベル レベル:6

語源。「halt」の語源。

語源

www.etymonline.com

"a stop, a halting," 1590s, from French halte (16c.) or Italian alto, ultimately from German Halt, imperative from Old High German halten "to hold" (see hold (v.)). A German military command borrowed into the Romanic languages 16c.

ChatGPT訳:

「停止、停止」という意味で、1590年代にフランス語のhalte(16世紀)またはイタリア語のaltoから来ており、最終的には古代高地ドイツ語のhalten(保持するを参照)から派生しています。16世紀にロマンス諸語に借用されたドイツの軍事命令です。

Wictionaryで意味を確認

https://ejje.weblio.jp/content/halt

立ち止まる、停止する、ためらう、ためらいながら歩く、不完全である

名詞(もある)

WS2は、ext4.vhdx というファイルに格納される。

ext4.vhdxが格納されている場所は、

C:\Users\XYZZ0\AppData\Local\Packages\CanonicalGroupLimited.Ubuntu22.04LTS_79rhkp1fndgsc\LocalState

条件

Window10
ubuntu22.04LTS

WSL1では、このようなファイルはできません。

解決策。WSL。『・・・仮想ディスク システムの制限により、要求された操作を完了できませんでした。仮想ハード ディスク ファイルの圧縮と暗号化が解 除されている必要があります』

エラー内容

PS C:\WINDOWS\system32> wsl --set-version Ubuntu-22.04 2
変換中です。この処理には数分かかることがあります...
WSL 2 との主な違いについては、https://aka.ms/wsl2 を参照してください
仮想ディスク システムの制限により、要求された操作を完了できませんでした。仮想ハード ディスク ファイルの圧縮と暗号化が解 除されている必要があります。また、仮想ハード ディスク ファイルをスパースに設定することはできません。
PS C:\WINDOWS\system32>

状況

Windows10
WSL1をWSL2に変更しようとして。。。。

解決策

検索して出てくる解決策をいろいろ試したが。。。。。
⇒⇒ 失敗。
  

結局どうしたか

WSL1からWSL2への変換でなく、一旦WSLを消しました!
消せない人は、さて、どうすれば、良いのか???